国連フォーラム主催 パプア・ニューギニア・スタディ・プログラム2018

 

2018年 国連フォーラム主催 みんなでつくる 
パプアニューギニア・スタディ・プログラム(PSP)

国連フォーラムは、国連の活動に関心を持つ幅広い人々を対象に、知識を深め、議論を行う場を提供するために2004年に発足したネットワークです。国連フォーラム主催のスタディ・プログラムでは、「みんなでつくる」をコンセプトとし、参加者自身の手によってプログラムをつくり上げてきました。
※過去の訪問国:東ティモール(2010年)、タイ(2011年)、カンボジア(2012年)、モンゴル(2013年)、ミャンマー(2014年)、スリランカ(2015年)、ネパール(2016年)、ルワンダ(2017年)。

2018年のスタディ・プログラムは、パプアニューギニアを対象として実施します。日本からそこまで遠くないにもかかわらず、あまり知られていない国のひとつかもしれません。「島嶼国パプアニューギニアから考える「国際協力」の意義・役割とは?~自然と人間の「分断」と「共生」~」を中心的なテーマとして、紛争からの復興や開発課題という従来のスタディ・プログラムが中心としてきた議題に加えて、気候変動や環境問題にもアプローチする予定です。

このセクションでは、事前準備から事後報告までのPSPの全てのプロセスを公開します。
PSPトップ:このページです。
プログラム概要:プログラムの運営方針および実施概要です。
募集要項: 応募に関連する情報です。
クラウドファンディング:クラウドファンディングに関するページです。